30代・40代の男性が、お腹周りの脂肪を落とす方法




こんにちは。

カッコいい50歳を目指す、Keep Fitのshotaです。

 

30代・40代の男性が最も気になる体の部位、それは、、、

お腹周りの脂肪

でしょう。

 

10代・20代の頃は引き締まっていた人は多いハズ。

「まさか自分がこんなビール腹になるなんて、、、」

そう思っている人も多いのではないでしょうか。

 

先日聴いた言葉でとても感銘を受けるものがあったのですが、

「付かない筋肉と、落ちない体脂肪は無い」

これ、かなりの名言ですよね。

 

この言葉の通り、誰でも年齢に関係なく、筋肉をつけて脂肪を落とすことが出来ます。

今日はお腹周りの脂肪を落とす、効果的な方法をご紹介します。

 

この記事では、

  • 30代・40代男性のお腹周りの脂肪が落ちない理由
  • 効果的にお腹周りの脂肪を落とす方法

をお伝えしていきます。

 

30代・40代の男性が、お腹周りの脂肪を落とす方法

では、まず最初に、

なぜお腹周りの脂肪は落ちにくいのか?

そこから解説していきたいと思います。

 

30代・40代男性のお腹周りの脂肪が落ちない理由

30代・40代男性のお腹周りの脂肪が落ちない理由は、いくつかあります。

 

中でも大きな理由としては、

  • 年齢を重ねて、代謝と筋肉が落ちている
  • お腹周りの脂肪は、身体の機能的に、付きやすくて落ちにくい
  • 脂質・糖質の食事を摂りすぎている

が挙げられます。

 

1つずつ解説していきますね。

 

年齢を重ねて代謝と筋肉が落ちている

まず最初に意識したほうが良いことは、年齢を重ねて、代謝と筋肉が落ちたということ。

 

10代20代は、飲みに行った後のラーメンとかも当たり前でしたよね。

しかし、それでも太らないで引き締まった身体を維持できたのは、若い代謝と筋肉のおかげです。

 

30代40代になると、加齢で基礎代謝も落ちます。

さらに、運動不足のために筋肉も落ちているので、活動代謝も減少。

 

そんな体質の状態で、食生活を20代の頃のままにしていたら、、、

お腹周りの脂肪が、落ちるはずはありませんよね。

 

お腹周りの脂肪は、身体の機能的に、付きやすくて落ちにくい

一般的にぽっこりしているお腹の脂肪は、

皮下脂肪と内臓脂肪の2種類に分かれています。

 

燃焼する脂肪は、内臓脂肪→皮下脂肪の順で減っていきます。

内臓脂肪は軽い運動を定期的に行えば落ちるのですが、皮下脂肪はかなり手強いです。

 

皮下脂肪が落ちにくい理由は、最も身体がエネルギーとして蓄えやすい部分だからです。

体の中心にあり、エネルギーを全体に送りやすいため、貯蔵庫としての機能が備わっているんですね。

 

また、エネルギーは糖質から使われ、糖質が無くなった時に脂肪がエネルギーに変わります。

なので、そもそも体内に糖質が残っている限り、お腹周りの脂肪は燃焼されにくいです。

 

脂質・糖質の食事を摂りすぎている

糖質を体内にとりすぎると、エネルギーとして脂肪が燃焼される機会が少なくなります。

さらに、そんな状態で脂質もたっぷりな食事をしていたら、どんどん脂肪は蓄積。

 

体に入ってきた糖質でエネルギーとして使わない分は、グリコーゲンという物質に変わります。

それが体内に予備エネルギーとして蓄えられ、いわゆる中性脂肪となるのです。

 

脂質自体は、良質な油をバランスよく摂れば、太る原因にはなりません。

しかし、世の中にある美味しいものは、ほとんどが糖質と脂質のミックス。

旨味と甘味が交わると、いくらでも食べられてしまうんですよね。

 

ラーメン・お寿司・焼き肉と白米、、、。

糖と脂肪には、甘い誘惑がいっぱい。

 

たんぱく質を多く、良質な脂質、控えめな炭水化物のバランスが、脂肪を落とすためには必要です。

 

効果的にお腹周りの脂肪を落とす方法

では、溜まってしまったお腹周りの脂肪を落とす方法をご紹介します。

特に30代・40代の男性に向いている方法をピックアップしました。

 

それは、

  • HIITを取り入れて、短時間で脂肪燃焼効果のある運動
  • クリーンな食事と、ファスティング
  • リーンゲインズ

ということです。

 

専門的な言葉も入っているので、こちらも1つずつ解説していきます。

 

HIITを取り入れて、短時間で脂肪燃焼効果のある運動

HIITとは「高強度インターバルトレーニング」のことで、

  1. 全力を出して限界まで動く
  2. ほんの少し休む
  3. 1と2の繰り返し
  4. 最後にクールダウン

といった運動方法です。

 

脂肪燃焼効果が、有酸素運動よりも数倍高いという効果が得られます。

しかも短時間で済むので、時間がない30代・40代の男性にもやりやすい運動方法です。

 

HIITに関しては、こちらの記事に詳細や、やり方をまとめています。

最初のうちはかなりキツイですが、ぜひ実践してみて下さい。

 

クリーンな食事と、ファスティング

次に大事なのは食事です。

脂肪を落とすには「運動と食事」、この2つの改善が絶対的に必要ですね。

 

クリーンな食事とは、バランスの取れた食事のことを言います。

高タンパク、低糖質、良質な油、適切なカロリー。

これを意識することがとっても大事です。

 

他にも、低GI値の食材を選んだり、食べる順番や時間帯などもあります。

しかし、最初から気にしすぎると挫折してしまいますので、

  • ご飯は半分くらい
  • 揚げ物や甘いモノは控える
  • 間食はほどほどに
  • お酒を飲みすぎない

くらいの、簡単な制限でスタートを切るのが良いかと思います。

 

ファスティングに関しては、体内のデトックスになる上、脂肪燃焼効果も大きいです。

短期間で成果がしっかりと感じられるので、30代・40代の男性にこそオススメ出来ます。

僕自身も最初にファスティングにチャレンジした時、4%も体脂肪が落ちて感動しました。

 

絶食3日間はなかなかツライですが、ぜひ達成感を感じながら、ごっそりと体脂肪を落としてみて下さい。

 

リーンゲインズ

リーンゲインズとは、プチ断食とも呼ばれるダイエットの一種。

ファスティングを行った後、食事習慣として取り入れるのがオススメです。

 

ルールとしては、男性であれば16時間の絶食時間を毎日取ること。

例えば、食事をするのが12時〜20時の間だけで、それ以外の時間は何も食べないということですね。

 

意外とキツそうに感じますが、ファスティングで絶食3日間を経験した直後なら、かなり楽です。

朝食を抜くぐらいの感覚で取り入れられますし、朝はプロテインくらいなら飲んでもOKです。

 

絶食時間を作ることにより、体内が脂肪をエネルギーにする仕組みになります。

ぜひファスティングと共に、リーンゲインズを取り入れてみることもオススメします。

 

 

30代・40代の男性が、お腹周りの脂肪を落とす方法 まとめ

この記事のポイントをまとめますと、

  • 脂肪が落ちない理由は、代謝と筋肉の低下&食生活
  • 脂肪を落とすためには、適切な運動とクリーンな食事

ということですね。

 

30代・40代になると、10代20代の頃と同じ生活スタイルには、まず耐えられませんよね。

しかし、身体の衰えは実感しているようでも、気持ちは意外と若いまま。

加齢をしっかりと受け止めて、今の状態にあったライフスタイルの確立が大事です。

 

脂肪を落とすためには、適切な運動と食事が大事。

そしてそれを続けて、脂肪をつけないようにすることも大事です。

 

体脂肪はいずれ必ず落ちて、筋肉は必ず付いてきます。

ぜひ継続をして、カッコいい50歳を目指していきましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA