【みんなで筋肉体操・ 腕立て伏せ】は、やはり最高の自重トレだ!




こんにちは。

腕立て大好き、Keep Fitのshotaです。

 

今日は家で出来る自重トレの動画紹介です。

内容としては腕立て伏せなのですが、僕が一番初めに家での自重トレを始めたきっかけになった動画。

 

それが、、、

[みんなで筋肉体操] 腕立て伏せ ~ 厚い胸板をつくる ~ | NHK

です。

 

NHKの番組なのに、公式でyou tubeにアップされてるって、なかなかスゴイですよね。

それはともかく、この動画はかなり追い込めます!

最近はあまりやっていなかったのですが、久々に自分を試したくなり、動画を観ながら腕立てをしてみました 笑

やはり期待を裏切らない辛さ!

ポイントと共に、動画をご紹介してい行きたいと思います。

 

[みんなで筋肉体操] 腕立て伏せ

まず、本動画がこちらです↓

https://youtu.be/WndOChZSjTk

(NHKだからなのか、動画の状態で貼り付けられないようです ^^;)

司会は、運動生理学者・筋生理学者であり、近畿大学生物理工学部准教授でもある谷本 道哉さん。

オープニングからピッチピチのシャツで、胸と肩のデカさが伝わってきます!

 

筋トレにチャレンジする3人は、

  • 武田真治さん(俳優)
  • 村雨辰剛さん(庭師)
  • 小林航太さん(弁護士)

です。

濃い! 笑

 

トレーニングの内容

腕立て伏せのトレーニングですが、2つのパートに分かれています。

  1. フルレンジ・プッシュアップ
  2. ハイスピード・プッシュアップ

 

フルレンジプッシュアップの方法

手は肩幅の1.5倍、胸は床まで

2秒でおろして、1秒で上げる

ややゆっくりおろして、筋肉でしっかり受け止めるのがポイント

途中で休まない

限界まで来たら、膝をついてさらに追い込む。

通常フォームで15回、さらに膝をついて5回。

 

間に1分間のレスト(休憩)

 

ハイスピード・プッシュアップの方法

出来るだけ早くプッシュアップ

しっかり深く下ろす

ストンと落として怪我をしないように

ややおろしながら速いスピードを維持する

30秒やって、10秒レスト、さらに20秒

 

実際にやってみた感想

トレーニングを始めた初期の頃は、フルレンジプッシュアップの15回の時点ですでにキツかったです 苦笑

しっかり深く下げるため、普段トレーニングをしていない人にとっては、15回は厳しいかもしれません。

 

さらに1分後のハイスピードプッシュアップは地獄 笑

武田真治さんの驚異的なスピードを見ると、異次元の速度に感じます ^^;

 

最初はペースと回数が決まっているので、同じ条件でこなせるのですが、

ハイスピードプッシュアップは自分の限界を試せるので、どこまでも追い込むことが出来ます。

肥大化と言うよりも、筋持久力を狙ったトレーニングだと思いますので、SITやHIITのような感覚で取り組むのも良いと思います!

 

最近は違う腕立て伏せのトレーニングをしていたのですが、やはり原点回帰でチャレンジするのも良いですね 笑

最初の頃よりも、スピードと回数が確実に上がっているのを実感しています!

これぞまさにフラリッシュ感覚

成長を感じられるから、ワークアウトは良いですね ^^

 

最後に番組の名言でシメましょう。

「筋肉は裏切らない!」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA