カッコいい50歳を迎えるために、30代から「貯筋」をしていく必要がある




こんにちは。

カッコいい50歳を目指す、Keep Fitのshotaです。

 

2021年になりまして、実はこのブログも1周年を迎えております。

コロナ渦で始めた本格的な筋トレ習慣も、1年近く続き、身体も去年と比較して大きくなったのを感じています。

 

カッコいい50歳を迎えるために、30代から「貯筋」をしていく必要がある

このブログのタイトル通りですが、カッコいい50歳、さらにいうと老後のためにも、

30代の若いうちから貯筋をする必要が絶対にあります。

 

貯金ではなく、貯金。

お金ではなく、筋肉ですね。

 

お金は借りられるが、筋肉は借りられない

僕も大好きでよく見ているなかやまきんに君の動画で、この名言を聞いた時に大きな気付きがありました。

確かに、どんなにお金を持っていようとも、自分の筋肉は人から借りられないし、買うことも出来ません。

 

さらに、筋肉は一朝一夕で身につくものでもないので、コツコツ淡々と築いていくしかないんですね。

 

そう考えると、人生を豊かにするためのツールとしてお金も大事ですが、

自分自身の筋肉をしっかりと蓄えておくことも大事ですよね。

 

どんなにお金持ちで裕福だったとしても、

  • 自分で歩けない
  • 身体が脂肪でダルダル
  • 病気持ち

であったら、幸福度は下がりますよね。

 

そうならないためにも、筋肉が衰え始める30代の若いうちから、しっかりと貯筋をしていく必要があります。

 

何よりも大事な筋肉は「脚」

では具体的にどの部位を鍛えておけば良いのかというと、その答えは脚です。

 

その理由は、

  • 身体の大部分を占める筋肉だから
  • 基礎代謝を高く保つため
  • 老後は元気に歩けることが重要

この3つです。

 

腰から下の筋肉、つまり下半身の筋肉は身体の7割を占めるとも言われています。

この大きな筋肉が衰えてしまうと、支えが弱くなってしまうために上半身の筋肉も落ちますし、

基礎代謝も下がってしまいます。

 

また、50歳ならまだまだ歩ける人も多いですが、老後になった時に歩けるかどうかが大問題。

人生において、いつまでも自由に歩きまわれるかどうかって、かなり幸福度に関わると思います。

 

なので、しっかりと脚を鍛えて、体全体を支える土台を強くしておく必要があるんですね。

 

スクワットを積極的に取り入れる

脚をしっかりと鍛えるのであれば、やはりスクワットは必須ですね。

ただ、ジムでがっつりと追い込むのではなく、日々の軽い自重トレでも十分です。

 

僕のオススメは、ランジをベースにしたHIITでの脚トレ。

こちらの動画で紹介されているHIITが、足を鍛えられると同時に、心肺機能も鍛えられるのでオススメです。

 

それと、こちらのスクワット動画も、短時間で追い込めるのでオススメです。

 

カッコいい50歳を迎えるために、30代から「貯筋」をしていく必要がある まとめ

カッコいい50歳、さらに健康的な老後を過ごすためには、筋肉をしっかりと貯筋することが大事ですね。

特に脚の筋肉を日常から使って鍛えて、ベースをしっかりさせておくこと。

 

脚トレはキツイので、どうしても後回しにしてしまいますが、意識して取り入れることが大事ですね。

 

筋肉は財産であり、自分自身で鍛えれば鍛えるだけ蓄えられるので、習慣的にトレーニングをしていきたいですね。

将来に向けての貯筋、頑張りましょう。




Keep fitのメールマガジンに登録していただくと、

プチファスティングのマニュアル(PDF)

を無料でプレゼント致します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA