自宅で筋トレをするなら、厚さ1.5cmのヨガマットがおすすめ




こんにちは。

カッコいい50歳を目指す、Keep Fitのshotaです。

 

新型コロナウィルスの影響で、ジムに行けない日々が続きますね。

僕が通っているジムも、自粛要請のためゴールデンウィーク明けまでクローズです。

なので、自宅での自重トレで過ごす日々です。

 

自宅で筋トレやストレッチをする場合、絶対にあった方が良いアイテム。

それは、ヨガマットです。

中でも、厚さが1.5cmのタイプが、僕のオススメ。

 

今回は、自宅で筋トレをする際に、1.5cmのヨガマットがオススメな理由を解説していきます。

 

この記事では

  • 自宅での筋トレには、ヨガマットがオススメの理由
  • 筋トレに適したヨガマットの選び方
  • Keep Fitがオススメするヨガマット

を、ご紹介します。

 

自宅で筋トレをするなら、厚さ1.5cmのヨガマットがおすすめ

では、自宅で筋トレをする際、ヨガマットを使うメリットからご紹介していきます。

 

自宅での筋トレには、ヨガマットがオススメの理由

自宅で筋トレをする時、ヨガマットがあれば多くのメリットがあります。

 

  • 体を傷めない
  • 筋トレのバリエーションが増える
  • 床を傷つけない
  • 騒音対策になる

といったものですね。

1つずつ解説していきます。

 

体を傷めない

まずは体を傷めないこと、これが最も大事。

 

フローリングやコンクリートなど、直接硬い地面で筋トレをすると、身体への負荷も大きいです。

特にバービーなど、飛び跳ねたりするような運動は膝に大きな負担がかかります。

 

ヨガマットを1枚下に挟むことで、クッションとなり身体への負担も大きく軽減されます。

長くトレーニングを続けるなら、身体に優しい環境を作ってあげることが大事ですよね。

 

筋トレのバリエーションが増える

体を傷めないことにも共通しますが、下に1枚ヨガマットがあるだけで、色んな筋トレが出来ます。

 

例えばプランク。

腕を地面にベタっとつけて自重をかけるポーズなので、腕が痛くなりますよね。

これが地面直接だと、長時間ポーズを取るのはかなりキツイです。

 

他に腹筋のトレーニングも、ヨガマットが無いとお尻や腰が痛くて厳しいです。

ヨガマットが1枚あるだけで、出来る筋トレの幅が本当に広がります。

 

床を傷つけない

もしダンベルなどを使う際、軽く置いているようでもフローリングを傷つけることがあります。

ヨガマットの上でトレーニングをすれば、置く際にもクッションになるので床を傷つけません。

 

賃貸の場合、敷金が返ってくる大きな要因にもなります。

なので、筋トレをする際はちゃんと床へのケアも意識した方が良いです。

返ってきた敷金で、プロテインを1kgでも多く変えた方がお得ですよね。

 

騒音対策になる

バービーやヒルクライムなど、ジャンプしたりバタバタしたりする動きは、かなり音が響きます。

これも賃貸の場合、下の階や横の部屋に騒音を出して迷惑になることも。

 

ヨガマットがあれば、こういった騒音も多少は和らげてくれるので、騒音対策になります。

自己満足で筋トレをするよりも、周囲に配慮した方が、気持ち良く汗をかけますよね。

 

筋トレに適したヨガマットの選び方

では、自宅で筋トレをする際、どんなヨガマットが良いのでしょうか。

 

僕が判断する基準は、

  • 厚さ
  • サイズ
  • 素材

の3つです。

これも1つずつ解説していきます。

 

厚さ

この記事のタイトルでも書きましたが、僕がオススメするのは、

厚さ1.5cm(15mm)のヨガマット。

何よりも厚さが大事だと実感しています。

 

厚みがあると、持ち運びにかさばる上、重いので向きません。

しかし、自宅に据え置きして使う場合は、絶対に1.5cm以上の厚みがあった方が良いです。

 

メリットでも書きましたが、厚いほうが、

  • 筋トレをしても痛くない
  • 騒音対策になる
  • 床を傷つけない

といったポイントで、確実に優れています。

 

以前、5mmの薄いヨガマットを使ったことがあるのですが、やはりプランクで肘が痛くなりました。

自宅トレの場合、僕は絶対に1.5cm以上幅があるヨガマットをオススメします。

 

サイズ

一般的なヨガマットのサイズは、長さ180cm・幅60cmという基準があるようです。

ただ、男性用のヨガマットもメーカーによってはあるようです。

身長の大きい人は、そういったものを使ったほうが良いですね。

 

僕自身は180cm・60cmのサイズで十分足りています。

僕の身長は170cmなので、一般的な男性であれば標準サイズで大丈夫だと思います。

 

素材

ヨガマットの素材には、

  • PVC(ポリ塩化ビニール)
  • TPE(熱可塑性エラストマー)
  • 天然ゴム
  • PU(ポリウレタン樹脂)
  • NBR樹脂(ニトリルゴム)
  • EVA樹脂(エチレン酢酸共重樹脂)
  • マイクロファイバー
  • コルク

などがあります。

 

僕はNBR(ニトリルゴム)のヨガマットを愛用しています。

柔らかくて、耐久性にも優れていることが理由です。

 

以前使っていたものに、PVC(ポリ塩化ビニール)があるのですが、、、

使っているうちに表面が剥げてきて、ボロボロとちぎれてしまいました。

 

「筋トレをする」というのがメインの使い方なら、クッション性と耐久性を重視するのがベターですね。

 

ヨガマットを選ぶ際、その他の注意点

僕自身は、厚さ・サイズ・素材の3つだけを重視していますが、その他にも、

  • デザイン
  • におい
  • 重さ

といった要素もあります。

 

持ち運びをする方にとっては、重さはかなり重要ですよね。

見た目にこだわりたいのであれば、デザインやカラーもチェックしたいポイント。

 

そして以外なのが「におい」。

素材によっては、開封した瞬間に化学物質のようなにおいを発するものもあります。

人によっては気になってトレーニングどころではなくなってしまうことも。

 

時間が経てば大体は落ち着いてきて慣れるのですが、、、

気になる場合、開封してから外気に少し触れさせるとにおいも馴染みます。

 

Keep Fitがオススメするヨガマット

では、実際に僕がオススメするヨガマットをご紹介します。

 

ポイントとしては、

  • 厚さは1.5cm
  • 自宅に据え置きなので、多少重かったりかさばってもOK
  • 素材や柔らかくてクッション性があるもの
  • 値段も手頃
  • ゴムバンドや収納の袋が付属している

という点ですね。

 

それらの条件をクリアしているのが、

楽天で販売している、厚さ1.5cmのヨガマット

です。

 

ブランド品ではないようなのですが、

  • 厚さ1.5cm
  • クッション性の高いNBR(ニトリルゴム)
  • 183cm・61cmのワイドサイズ
  • バンド・収納ケース付き
  • カラーバリエーション5色
  • 送料・税込みで2,498円

と、僕の望む条件を全て満たしているアイテム。

 

過去に3枚ほど使ってきましたが、これが一番使いやすくてコスパが良いです。

もう1年以上使っていますが、全く削れたりヘタれることもなく、今でもガッツリ使い込んでいます。

 

「これ以外は考えられない」ってくらい、愛用している上に、自信を持っておすすめできます。

ぜひ、写真でもご覧下さい。

 

オススメするヨガマットの写真

こちらのリンクから、楽天のページに飛べます。

ぜひ詳細も併せてご覧下さい。

【ヨガマット 15mm ゴムバンド・収納ケース付】

 

自宅で筋トレをするなら、厚さ1.5cmのヨガマットがおすすめ まとめ

この記事のポイントをまとめますと、

  • 自宅で筋トレをする場合、ヨガマットは必須
  • 購入の際は、厚さ・サイズ・素材を重視する
  • 楽天で販売しているヨガマットがオススメ

ということですね。

 

まだまだ新型コロナウィルスの終わりも見えません。

しかし外に出られなくとも、しっかりと自宅で筋トレを頑張りましょう。

 

その場合、ヨガマットは自重トレーニングの大きな味方になってくれます。

自分への投資としてはかなり安いので、ぜひ必要なアイテムとして取り入れてみて下さい。

 

自宅でトレーニングする場合、You Tubeの動画を参考にするのも良いですよ。

 

このタイミングでしっかりと運動をして、夏までにカッコイイ体を手に入れましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA