30代・40代の男性にこそ、ダンベルの筋トレはおすすめ




こんにちは。

カッコいい50歳を目指す、Keep Fitのshotaです。

 

自宅で筋トレをするとなると、自重トレーニングをしている人も多いはず。

もちろん自重トレでも追い込めますが、やはりジムのように器具がほしいですよね。

 

そこで手軽に取り入れられるオススメ器具が、

ダンベル

です。

 

30代・40代の男性にこそ、このダンベルを持っておくべきだと思います。

今回は、ダンベルを使った筋トレのメリットについて、お伝えしていきます。

 

この記事では、

  • 30代・40代男性に、ダンベルが必要な理由
  • ダンベルの選び方
  • ダンベルを使った、基本的なトレーニング方法

をご紹介します。

 

30代・40代の男性にこそ、ダンベルの筋トレはおすすめ

ダンベルは手軽に使える、筋トレ用の器具ですよね。

 

では、なぜ30代・40代の男性にダンベルが必要なのか。

その理由を解説します。

 

30代・40代男性に、ダンベルが必要な理由

30代・40代の男性が、筋トレやダイエットにダンベルを取り入れる理由やメリット。

 

それは、

  • 気軽に持ってトレーニングを始められる
  • 腕・肩・胸を鍛えやすい
  • 重量を扱えることで、自信がつく
  • ダンベルは、さほど置き場所を取らない

この4つです。

 

1つずつ説明していきます。

 

気軽に持ってトレーニングを始められる

ダンベルは持つだけでトレーニングを始められる、とても便利な器具。

わざわざ着替えたりしなくても、普段着のままトレーニングすることも出来ます。

 

30代・40代の男性は、忙しくてなかなかトレーニングの時間が取りにくいですよね。

 

ジムには行けなくとも、ちょっと家にいる間のスキマ時間。

ダンベルを持って、座りながらやテレビを見ながら、鍛えることが出来ます。

10分やるだけでも、十分筋肉は追い込めます。

 

腕・肩・胸を鍛えやすい

ダンベルを使うと、基本的に上半身が鍛えることが出来ます。

特に、直接負荷がかかりやすい腕や肩を重点的に鍛えられます。

 

たくましい腕周りや肩幅、また大胸筋は、かっこいい男性の象徴。

 

理想は腹筋も割れていたいですが、腕・肩・胸に筋肉があれば、

お腹が少し出ていても恰幅(かっぷく)が良いというスタイルになります。

 

ダンベルを扱って、豪腕と分厚い肩・胸を作りましょう。

 

重量を扱えることで、自信がつく

少し重たい重量を扱うことで、トレーニングの達成感が変わってきます。

 

最初に5kgで10回しか出来なかったトレーニングが、継続して15回出来るようになる。

そんな風に重量を扱えるようになることで、達成感が味わえます。

 

少し重たいダンベルにチャレンジして、自分の限界を少しずつ超える。

筋力もアップする上に、達成感と自信が味わえるのもメリットです。

 

ダンベルは、さほど置き場所を取らない

ダンベルは鉄の塊が2つポンと置いてあるだけで、場所をさほど取りません。

 

本格的なスミスマシンや、バーベルなど、置くのは理想ですがスペースをかなり使います。

家族みんながトレーニング好きなら良いですが、、、

多分嫌がられる可能性が高いはず。

 

そういった点で、ダンベルはちょこんと置けるのがメリット。

なんなら、重し代わりにも使えますよね。

 

邪魔じゃない場所において、そのまま掴んですぐにトレーニングが出来るのもメリットですね。

 

ダンベルの選び方

ダンベルを選ぶ際、何を基準にするべきでしょうか。

 

それは、

  • 固定式か、可変式か
  • デザインや質感

この2つです。

 

ダンベルは固定式か、可変式か?

ダンベルには2種類ありまして、それが固定式と可変式です。

 

固定式ダンベルの特徴

固定式はその名の通り、重さが固定しているタイプ。

多くの人は、この固定式の方が馴染みがあってイメージしやすいはず。

 

持ち手があって、両側が球状になっているフォルムが、一般的な固定式ダンベルですよね。

 

固定式のメリットは、

  • 重さが一定なので、そのまま持ってすぐに使える
  • スペースをほとんど取らない

一方デメリットは

  • 重量の負荷を変更できない
  • 重さを変える場合、複数のダンベルを所有しなくてはいけない

という感じですね。

 

可変式ダンベルの特徴

対して可変式ダンベルは、プレートを付け替えることで、重さを変えられます。

最初は軽い重さから始められ、徐々に負荷を上げていくことが出来ますね。

 

可変式ダンベルのメリットは、

  • 自分の好きな重さに調節ができる
  • ダンベルにより、プレートを買い増すことも出来る

一方デメリットは

  • プレートが多いので、場所を取りやすい
  • 重量を変える時に、手間と時間がかかる

ということですね。

 

プレートが複数付いてくるという点で、可変式ダンベルの方が価格は高め。

ただ、最初に買っておくと、後にトレーニングの幅が広がるのは可変式ですね。

 

デザインや質感

重量以外にも、デザインや質感も大事ですよね。

 

なぜなら、

ダンベルはある意味、インテリアでもある

からです。

 

部屋にちょこんと置くのであれば、どうせならおしゃれな方が良いですよね。

無骨な鉄の質感のダンベルもカッコいいですが、デザインや色が空間にマッチさせたいところ。

 

最近はおしゃれなダンベルもたくさんあります。

ぜひインテリアとしても、ダンベルの存在を考えてみて下さい

 

Keep Fit shotaの、おすすめダンベル

実際に僕が買って、使っているダンベルをご紹介します。

 

2kgと5kgを楽天で購入したのですが、

ゴムコーティングのカラーダンベル

がおすすめです。

 

選んだ理由としては、

  • 色が付いているので、無機質・無骨さがなく、家族にも嫌がられない
  • ゴムコーティングだと、触った感じがフィットして持ちやすい
  • 可変式ではなく固定式の方が、価格が安い

この3つですね。

 

僕はジムにも通っているので、個人的には5kgが1セットあれば良いかなと思っています。

2kgはおまけ程度に買ってみましたが、ちょっとしたタイミングにトレーニングしています。

 

ゴムコーティングのダンベル、安くて手軽なのでオススメですよ。

マイプロテインのプロテインと同様、ハピタスを活用すると、楽天で1%のポイントも付きます。

ハピタスを経由してから、ぜひ楽天で購入してみて下さい。

【ハピタス】のサイトはこちら

楽天でゴムコーティングダンベルの価格(送料無料)をチェックする

 

おしゃれ・個性的なダンベルを、ピックアップ

インテリアにも出来そうな、独特なダンベルを紹介します。

筋トレ器具と兼用で、インテリアグッズとしてもいかがでしょうか。

 

aquarium

Sonyで数々のデザインを担当して、独立後には幅広い分野のデザインを手掛けている、澄川伸一さんがデザインしたダンベル。

リオオリンピックで斬新で美しい、卓球台をデザインしたことでも有名ですね。

 

パット見では、ダンベルとは思えないですよね。

普通にアーティスティックなオブジェとして、家に飾っておけそうです。

aquariumを楽天でチェックする

 

鉄アレー ダンベル 【5kg×4本】

あえて無骨な鉄アレイをチョイスするのも、30代・40代の男性には良いかもしれません。

自分の部屋があって、主張させたい場合には、これくらいゴツいのもアリですよね。

 

持っているだけで、モチベーションも上がりそうです。

鉄アレー ダンベルを楽天でチェックする

 

ダンベルを使った、基本的なトレーニング方法

ダンベルはシンプルな筋トレ用の器具。

シンプルとは言え、ダンベルだけでも色んな身体の部位を鍛えることが出来ます。

 

鍛えやすい部位としては

  • 腕(上腕二頭筋・上腕三頭筋)
  • 肩(三角筋)
  • 胸(大胸筋)

がメイン。

また、方法によっては腹筋・足・背中も鍛えられることが出来ます。

 

ダンベルを使ったトレーニングでよく知られているのは、

  • ハンマーカール
  • ダンベルフレンチプレス
  • ダンベルショルダープレス
  • ダンベルチェストプレス

などがあり、それ以外にも色んな方法があります。

 

詳しくはまた違う記事で紹介していこうと思います。

ただ、ダンベルを1つ持っているだけで、色んなトレーニングのバリエーションがあります。

 

youtubeにもたくさんのトレーニング動画がアップされているので、

ぜひ色々と探してチャレンジしてみて下さい。

 

30代・40代の男性にこそ、ダンベルの筋トレはおすすめ まとめ

この記事のポイントをまとめると、

  • 30代・40代の筋トレには、ダンベルは手軽に取り入れやすい
  • 重量が固定式のダンベルは、安くて場所を取らないのでオススメ
  • ダンベルだけで、色んなトレーニングが出来る

ということですね。

 

カッコいい50代になるために、全身をバランスよく鍛える必要はあります。

が、やはりたくましい腕と厚い胸板は、魅力ある男性の武器となりますよね。

 

ぜひダンベルを購入して、日々のトレーニング習慣に取り入れてみて下さい。

毎日15分だけでも1年経てば、かなり筋肉は大きく変わっているはずですよ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA