「まごわやさしい」とは?ファスティングの準備期・回復期にも重要




こんにちは、Keep Fitのshotaです。

 

ファスティングの準備期・回復期で重要となる

まごわやさしい

についてご存知ですか?

 

身体に優しい、和の食材の頭文字を取った合言葉ですね。

こんかいは、まごわやさしいについて記事を書いていこうと思います。

 

この記事では、

  • まごわやさしいとは?
  • 何で「まごわやさしい」食材が良いの?
  • まごわやさしいにも種類がある

をご紹介します。

 

「まごわやさしい」とは?ファスティングの準備・回復にも重要

では、まずはじめに「まごわやさしい」についてご紹介します。

ちなみに、「まごは」ではなく「まごわ」なので、ご注意を。

 

まごわやさしいとは?

まごわやさしいとは、

日本人の体質に合った、健康な食生活を送るための和食材の頭文字の語呂合わせ

のことを言います。

 

現代の日本では、食の欧米化がどんどん進んでいる傾向に。

もちろん欧米の食事も、美味しい食べ物もたくさんあります。

が、炭水化物・脂質・タンパク質のバランス(PFCバランス)が脂質や炭水化物が多くなりがち。

肥満や糖尿病などの、生活習慣病に繋がる恐れもあります。

 

では、実際にまごわやさしいの食材をご紹介します。

 

マ:豆腐・味噌・納豆などの豆類

植物性のたんぱく質・マグネシウムが豊富。

そのままの状態よりも、発酵食品の方が栄養価も高いのでオススメ。

 

ゴ:ゴマやアーモンドなど、ナッツ類

脂質・カルシウム・鉄分などが豊富。

おやつ代わりにつまめるので、ちょっとした空腹を満たすのにもおすすめ。

ミックスナッツを買って食べる場合、塩を振っていない無塩タイプのものを選びましょう。

また、スライスアーモンドや砕いたピーナッツなどは、料理のアクセントとしても使えます。

 

ワ:ワカメ・昆布などの海草類

カルシウムなどのミネラルや、鉄分が豊富。

なかなか一度に量を摂取するのが大変なので、味噌汁など汁物の具材として入れるのがオススメ。

沖縄の伝統料理でもある、クーブイリチーもご飯によく合うので、常備菜としても良いですよ。

 

ヤ:野菜全般

ベータカロチン・カリウム・ビタミンCなど、多くの栄養素が豊富。

特に色の濃い緑黄色野菜は、栄養素が高いのでオススメ。

厚生労働省では、野菜は1日350gが推奨摂取量と定めています。

 

一度に多くの野菜を摂るのは大変です。

スープやカレーに野菜を多く入れると、水分に溶け出した栄養も一緒に摂れるので効率が良いです。

 

ちなみに果物も栄養素が高いですが、糖質も多く含まれるので、食べ過ぎは注意です。

 

サ:魚類(特に青魚や鮭)

オメガ3脂肪酸やDHA、ビタミンB群が豊富。

フィッシュオイルとしてもサプリでおなじみのオメガ3脂肪酸や、頭が良くなる栄養素としてのDHAが、青魚にはたくさん含まれます。

青魚とは、サバ、イワシ・アジなどの魚ですね。

 

食の欧米化により、日本人の魚の摂取量はどんどん減ってきています。

焼き魚や煮魚で、積極的に摂取したいところです。

 

シ:シイタケ 椎茸などのきのこ類

ビタミンや食物繊維が豊富。

乾物のしいたけは、美味しい出汁としても使えます。

焼く・煮る・炒める・揚げるなど、調理方法も多様なので、色んな料理に使えます。

鍋料理に入れれば、量や種類をたくさん摂れるのでオススメです。

 

イ:じゃがいも・さつまいもなどのイモ類

食物繊維、ビタミンC、炭水化物が豊富。

さつまいもは炭水化物が多く含まれますが、GI値が低いので、太りにくい食材としても有名です。

食物繊維は腸内を掃除してくれる役割もありますので、日々摂取したいですね。

 

何で「まごわやさしい」食材が良いの?

まごわやさしい食材が良い理由は、

脂質が少なく、タンパク質やビタミン・ミネラルの栄養価が高いからです。

 

食が欧米化していくと、

  • 脂質や炭水化物のバランスが多くなる
  • タンパク質・ビタミン・ミネラルが減る

といったデメリットがあります。

 

もちろん動物性タンパク質も必要な栄養ではあるのですが、どうしてもバランスが崩れやすくなるんですね。

なので、まごわやさしいの食材もしっかりと摂ることで、栄養のバランスを整えることが出来るのです。

 

まごわやさしいにも種類がある

まごわやさしいを基準に、

  • まごわやさっしいっす
  • まごにはやさしいわ
  • まごたちにはやさしいわ

といった語呂合わせもあります。

 

新しく出てきた、

は・た・ち・に・つ・す

について詳しく紹介しますが、動物性の食材が主に加えられた感じですね。

 

は:発酵食品

発酵食品には、健康を保つためによい働きをする細菌が多く含まれています。

これを有用菌と言い、腸内の善玉菌を増やしてくれる効果があります。

結果として、病原体などと戦う免疫細胞を活性化してくれます。

 

た:卵

たまごは食物繊維とビタミンC以外の、すべての栄養素を含んでいると言われています。

栄養価が非常に高く、調理方法も様々。

非常に万能な食材なのです。

 

ち:チーズなどの乳製品

チーズや牛乳、ヨーグルトなどは、カルシウムが豊富。

そして、ナチュラルチーズは「白い肉」という別名があるほどに、良質なたんぱく質が多く含まれています。

チーズは太りやすいというイメージもありますが、吸収されにくい脂質でもあります。

また、腹持ちが良いので、おやつとしてもオススメ。

 

に:肉類

肉類はタンパク質やビタミンが豊富。

特に赤みが多い牛肉や、鶏のムネやササミはダイエット食としてもよく使われます。

ただし、肉の脂身は旨味が強いですが、飽和脂肪酸が多いので生活習慣病の原因にもなります。

 

つ:漬物

漬物類も作る過程で発酵が進むので、発酵食品として腸内の善玉菌を増やす効果があります。

ただし、生活習慣病を避けるため、塩分が強いものはNG。

ぬか漬けやキムチなどが、日常では食べやすくておすすめです。

 

す:酢の物

最古の発酵調味料とも言われるお酢は、酢酸やクエン酸をはじめとする、多種類の有機酸を含みます。

疲労回復や、整腸作用の効果を持ち、殺菌作用もあります。

「わ」のわかめなどの海藻類とも相性がよく、酢の物として食べることで、美味しく量も摂取できます。

 

ファスティングに「まごわやさしい」が大事な理由

ファスティングの準備期に「まごわやさしい」の食事は欠かせません。

 

その理由は、絶食期に向けて、

  • 動物性の栄養素を抜く
  • 栄養のバランスを整える

ことが目的です。

 

絶食期には身体が産まれたてに近い状態になるので、動物性の栄養素や、添加物は空にしておく必要があるからです。

そのため、まごわやさしいの食材でバランスよく栄養を取ることが大事。

 

動物性を排除するということで、「さ」の魚類も避けた方がベターです。

準備期から「まごわやさしい」を意識して食事をすることで、ファスティングの絶食期にもスムーズに入れます。

 

「まごわやさしい」とは?ファスティングの準備・回復にも重要 まとめ

この記事のポイントをまとめると、

  • 「まごわやさしい」は、身体に優しい和食材の語呂合わせ
  • ファスティングでは、肉・乳製品・卵・魚類といった動物性を避ける

ということですね。

 

ファスティングの準備期・回復期でも大事な要素ですが、普段の食生活でも「まごわやさしい」を取り入れてみて下さい。

もちろん、全てにおいてバランスは大事。

肉類やスイーツなども、程よく食べることで、人生の質を向上させますよ。

 

ミネラル(酵素)ファスティングについて【まとめ記事】

keep fitのファスティングに関する記事は、こちらのページに全てまとめてあります。

  • ファスティングにこれから挑戦したい
  • ファスティングについて知識を深めたい
  • ダイエットとしてファスティングをやってみたい

という方に、ぜひご覧頂ければ嬉しいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA