ダイエットには【冷めた焼き芋】が、間食・おやつとしてオススメ




こんにちは。

カッコいい50歳を目指す、Keep Fitのshotaです。

 

ダイエットをしている時でも、間食したり、おやつを食べたくなりますよね。

チョコレートやケーキなどの甘いものは、糖質・脂質が多すぎるので、さすがにNG。

 

そこで、ダイエットや減量時におすすめするおやつは、

焼き芋

です。

 

さらに言うと、ホカホカではなく、冷えた焼き芋の方がベター。

 

焼き芋なんて、食べたら太りそうなイメージがありますよね。

なぜダイエット時に焼き芋をオススメするのか、ご紹介したいと思います。

 

この記事では、

  • 焼き芋をおやつ・間食にオススメする理由
  • 焼き芋の栄養素について
  • なぜ冷えた焼き芋が良いのか?

をお伝えしていきます。

 

ダイエットには【冷めた焼き芋】が、間食・おやつとしてオススメ

では、なぜダイエット中の間食・おやつに焼き芋がオススメなのか。

その理由を説明していきます。

 

焼き芋をおやつ・間食にオススメする理由

焼き芋がおやつ・間食にオススメな理由は、

  • 炭水化物でも、GI値が低い
  • 食物繊維が豊富
  • さつまいも特有の、ヤラピンという栄養素がある

です。

 

1つずつ解説していきますね。

 

炭水化物でも、GI値が低い

焼き芋は炭水化物であり、カロリーも高い食物です。

ただ、白米やパンと違い、GI値が比較して低いのが特徴。

 

GI値とは、血糖値の上昇を計る数値。

簡単に説明すると、低いほど太りにくいという特徴があります。

 

そのため、

  • 腹持ちが良い
  • 甘くて満足感がある
  • GI値が低いので、血糖値の急激な上昇は抑えられる

というメリットが。

 

これらが焼き芋を、おやつ・間食にオススメする理由となります。

ただ、当たり前ですが、カロリーが高いので食べ過ぎはNGです。

 

GI値については、こちらの記事にまとめてあります。

併せてご覧ください。

 

食物繊維が豊富

次の理由は、さつまいもに含まれている食物繊維です。

 

さつまいもには、

  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

の2種類の食物繊維が含まれています。

 

水溶性食物繊維は、その名の通り水分に溶ける食物繊維。

便を柔らかくしてくれて、腸の動きを活発にしてくれる効果があります。

 

不溶性食物繊維は、便のかさを増して腸を刺激し、排便を促してくれます。

 

食物繊維は腸の中を掃除する、ブラシの役割

食物繊維は腸の中を掃除する、ブラシの役割を持っています。

なので、腸内環境を整えてくれるため、健康維持や美容にも効果が期待できるのです。

 

それが理由で、ファスティングでも準備期間中にファイバーのサプリを飲みます。

ちなみに、ファイバーは食物繊維を英語で言ったものです。

 

焼き芋をおやつに食べるなら、どれくらいが適量か?

焼き芋がおすすめと言っても、もちろん食べ過ぎはNG。

 

なぜなら、

さつまいもは炭水化物なのでカロリーは高く、たんぱく質が少ない

からです。

 

オススメの量としては、1回につき100gくらいが良いかと思います。

前述しましたが、皮も一緒に食べることで、糖質を抑えて栄養も豊富に摂れます。

 

焼き芋の栄養素について

焼き芋は「準完全食」と言われています。

準完全食とは、健康を維持するために必要な栄養を、ほぼすべて含んだ食品・食事のこと。

 

さつまいもはデンプンが豊富で、昔から主食としても食べられてきました。

ビタミンCや食物繊維を多く含んでいて、加熱してもビタミンCが壊れにくいという特長もあります。

 

ビタミンC、ビタミンEには美容効果や抗酸化作用の効果が。

血液中のコレステロール酸化が原因となる、動脈硬化などの生活習慣病予防にも役立ちます。

 

さつまいもの栄養素(100gあたり)

さつまいも100gあたりの栄養素、数値もご紹介します。

  • カロリー:130Kcal
  • 脂質:0.2g
  • 炭水化物:32g(食物繊維2.3g)
  • たんぱく質:1.2g
  • ビタミンC:29mg
  • カルシウム:40mg
  • 鉄:0.7mg
  • ビタミンB6:0.3mg
  • マグネシウム:25mg

 

さつまいもには、特有の「ヤラピン」という栄養素がある

ヤラピンとは、焼き芋に含まれている栄養素で、さつまいも特有の栄養素。

さつまいもを切った時に白い液体が出ますが、それがヤラピンです。

 

ヤラピンも食物繊維と同じで、整腸作用の効果があります。

腸内に溜まった便を柔らかくしてくれて、便秘解消効果が期待できます。

 

焼き芋を食べることで、自然と整腸・デトックス効果が期待できるわけですね。

 

焼き芋は皮ごと食べた方が、栄養がたくさん摂れる

さつまいも特有の栄養素「ヤラピン」は、さつまいもの皮と身の間に多く含まれています。

なので、焼き芋を食べる際は皮ごと食べることがオススメです。

 

他にも、皮には糖質を抑えてくれる酵素も含まれています。

血糖値を抑える役割や、腸内にガスが溜まっておならが出すぎることも防いでくれます。

 

さつまいもをはじめ、人参や大根などの根菜は、皮に栄養分を集めます。

これは、野菜の鮮度や栄養をを外に逃がさないようにするため。

なので、皮も食べられる野菜は、皮ごと食べるのがおすすめです。

 

なぜ冷えた焼き芋の方が良いのか?

加熱したさつまいもを冷やすことで、サツマイモのでんぷんが「レジスタントスターチ」という物質に変化します。

 

レジスタントスターチとは、

  • レジスタント:消化されにくい
  • スターチ:でんぷん

という意味です。

難消化性デンプンとも呼ばれています。

 

レジスタントスターチにも、整腸作用が期待できる

レジスタントスターチは、腸内で食物繊維のような役割を果たしてくれます。

胃や小腸で消化されにくく、大腸まで届いて、整腸作用・血糖値上昇を抑えてくれるのです。

 

自宅で作ったり、スーパーで買ってきた焼き芋は、熱々のまま食べた方が絶対美味しいです。

 

ただ、ダイエットや減量を目的とするのであれば、

熱が冷めてから冷蔵庫で冷やし、レジスタントスターチが増えた状態にする

という食べ方がおすすめです。

 

「冷たい焼き芋はちょっとイヤだな」という人は、常温で冷ました状態でもOKです。

レジスタントスターチは若干減りますが、それでも効果は望めるようです。

 

僕も冷たすぎる焼き芋ははあまり好きでないので、

買ってきた焼き芋を1日置いて、翌日温めずに食べるようにしています。

 

ダイエットには【冷めた焼き芋】が、間食・おやつとしてオススメ まとめ

この記事のポイントをまとめますと、

  • ダイエットのおやつ・間食には、冷やした焼き芋がオススメ
  • GI値が低く、食物繊維やヤラピンという栄養素が豊富
  • 冷やすと、レジスタントスターチが増え、整腸作用に効果的

ということですね。

 

ダイエット時には甘いものを食べたくなると思いますが、ぜひ焼き芋を選んでみて下さい。

ガマンをしすぎることも、長期的に続けるにはハードルになってしまいますよね。

 

ちょっとずつ気持ちを緩めるタイミングを作ることで、ダイエットも続けやすくなります。

その時には焼き芋のように、身体に良くて太りにくい食品を選びましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA