【金持ち父さん 貧乏父さん】中田敦彦さん・動画のまとめ1




こんにちは、Keep Fitのshotaです。

 

人生や健康のためになる、you tube動画のまとめ記事。

 

今回は2020年2月5日に公開された、中田敦彦のYouTube大学さんの動画。

【お金の授業】金持ち父さん貧乏父さん 1/3 〜お金持ちになる手順を教えます〜

のまとめです。

 

ロバート・キヨサキさんの名著である「金持ち父さん貧乏父さん」。

シリーズ4冊を凝縮した動画を、ブログ記事で概要をまとめました。

 

この動画の結論は?

ファイナンシャル・リテラシーが足りないことを自覚する。

金持ちになるために、ファイナンシャル・リテラシーを高めていくことが大事。

本動画はこちら↓

 

動画の概要

【金持ち父さん・貧乏父さん】

 

お金が幸せの全てじゃないけど、お金持ちになりたくないか?

この本は、あまり語られない「お金」について、しっかりと教えてくれる本。

 

お金についてしっかりと勉強しないと、惨めな人生になってしまう

この動画は、

  • 「改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん」ロバート・キヨサキ(筑摩書房)
  • 「改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」ロバート・キヨサキ(筑摩書房)
  • 「改訂版 金持ち父さんの投資ガイド 入門編」ロバート・キヨサキ(筑摩書房)
  • 「改訂版 金持ち父さんの投資ガイド 上級編」ロバート・キヨサキ(筑摩書房)

の4冊をまとめている。

 

あなたはどんな人生が良いですか?

安定、快適さ、金持ちになりたい?

 

二人の父親の違い

ロバート・キヨサキの実のお父さんが、貧乏父さんである。

そして友達の父さんが、金持ち父さんである。

 

この二人は、教えてくれることが真逆。

ロバート・キヨサキは、本当の父ではなく、友達の父さんの教えを聞くことにした。

 

貧乏父さんは、公務員で堅実な人。

安定を大事にして、一生懸命仕事すれば大丈夫と言う。

 

金持ち父さんは、安定を求めるな、仕事をするなと言う。

リスクを取れと言う。

 

あなたはお金について理解しているかもしれないが、それは間違っている

例えば、家は資産か?

普通の人は家を資産と言うが、そういう人は絶対に金持ちになれない。

 

資産と負債の定義を、殆どの人が知らない。

 

  • 資産はプラスのキャッシュフロー
  • 負債はマイナスのキャッシュフロー

 

キャッシュフローとは、お金の流れ。

資産は自分の懐にお金を入れてくれる。

負債は自分からお金を奪っていく。

 

家のローンを払っている状態は、負債(借金)でしかない。

家が資産である場合は、持ち家を人に貸しているような状態。

 

家は資産か?という明確な答えは、「場合による」というのが正解。

キャッシュフローがどうなっているかが、資産か負債の違いである。

 

ファイナンシャル・リテラシーを磨くこと

ファイナンシャル・リテラシーが、いかに自分に無いかを知ることが大事。

ファイナンシャル・リテラシーとは、お金に関する言葉や知識のこと。

 

ファイナンシャル・リテラシーは、学校教育で教えてくれない。

公的な教育では、絶対に金持ちになれない。

 

世界は4つに分かれている。(クワドラント)

  • 従業員
  • 専門家
  • 経営者
  • 投資家

 

医者・弁護士・会社員・公務員など、従業員や専門家は金持ちにはなれない職業である。

多くの教育は、従業員か専門家にしかなれない教育をしている。

見分け方は、給料や報酬で賃金をもらっているかどうか。

 

金持ちとは、経営者や投資家である。

経営者や投資家は、全然違うお金のもらい方をしている。

 

ロバート・キヨサキは金持ち父さんから学ぶ。

実の父の貧乏父さんは、公務員だったが、職を失ってしまいお金に困ってしまう。

金持ち父さんは学歴がないにもかかわらず、富豪になる。

この差は一体何なのか?

 

最後に、あなたが金持ちかどうかの質問。

あなたは1年間休んでも大丈夫ですか?

 

次の動画に続く。

 

補足情報

動画で紹介されている、おすすめ本

 

自分なりの考察

起業する人や独立する人のバイブルでもある、金持ち父さん貧乏父さんシリーズ。

最初に読むと、本当に衝撃を受けます。

 

前回の7つの習慣もそうですが、本当にわかりやすく内容を動画でまとめてくれています。

 

この本をまだ読んだことがない人も、一度読んだ人も、さらに理解を深めるためにとても良いと思います。

 

自分の最終ゴールをどこに向けていくか。

そのためにどのように仕事をしていくかを、改めて考えるきっかけになります。

 

お金に対してネガティブなイメージも、教育がそう教えてきたから。

本当にお金と上手く付き合うために、何が必要なのかを教えてくれます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA